ロードバイクおすすめメーカー初心者入門モデル

これであなたも脱にわか!

ロードバイク初心者でも乗りやすいのに、長年の自転車愛好者にも一目置かれる『入門っぽくない』おすすめメーカーを紹介していきます!

それと、

日本のロードバイク販売店は、価格が高すぎるのをご存知ですか?

ロードバイクは本場イギリスの大手通販「Wiggle」が3割~5割以上安いです。
しかも日本語完全対応送料無料
初心者に人気の完成車も破格で買えますし、最近では日本でも人気のロードバイク通販サイトです!
Wiggle.jp めちゃくちゃ安い!

★ロードバイクおすすめメーカー初心者入門モデル★

初心者のためのロードバイクの選び方

最近、通勤などでロードバイクを日常的に使う方が増えています。
街中で、ロードバイクに乗っている方を見かけると、とてもかっこいいし憧れますよね!
でも、ロードバイクといってもいろいろな商品があり、価格帯も幅広いので、初心者はどうやって選べばいいか難しいものです。
そこで、初心者のためのロードバイクの選び方についてご紹介して行きたいと思います。

まず、ついやってしまいがちな失敗は「続かないかもしれないし、とりあえず値段の安いものを買ってしまおう」、というものです。
でも、安いものを買ってしまうと、重くてこぎづらかったり、パーツの交換ができなかったりしますので、ロードバイクを後々買い直す必要がでてくることがすごく多いです。
金額の目安で言ったら初心者でも完成車で10万円以上の物を買うようにした方が良いでしょう。

とはいえ、「とにかく高いものを買っておけばOKだろう」と考えるのもNG。
高いものは確かに性能などがいいかもしれませんが、初心者にはオーバースペックだったり、繊細で扱いにくくて使いこなせない、ということもよくあります。
そのため、値段の目安としては、10万円くらいの完成車から、パーツ含めて20万円、30万円くらいまでのものがおすすめです。

そして、「毎日の通勤や通学で使うだけで、レース用ではないから、あまりこだわらなくてもいい」と思ってしまうのもよくありません。
毎日使うからこそ、安心して使える、そして長く乗っても疲れないものを選ぶべきです。

また、タイヤは、パンク時の修理がしやすい、WO(クランチャー)というタイプを選んだ方が無難です。
タイヤとチューブが一体化している「チューブラ」は、パンクがしにくい反面、パンクしてしまうと修理が大変で、初心者には扱いづらいでしょう。

そして、舗装された道路を走るとはいえ、歩道をいったん走行するという場面もあるでしょう。
その時に段差があると、意外な衝撃が加わるので、ダメージを受けにくいフレーム強度を持つロードバイクを選んでください。
例えば、アルミ素材のフレームがおすすめです。

それから、ロードバイクには、いろいろなブランドもありますし、
こだわりたい方は、ブランドの特徴について調べながら、じっくりと選ぶのもいいですね♪

ロードバイクおすすめ通販Wiggle

ロードバイクが欲しい!と思ったら、自転車屋へ行く方、通販で探す方、様々だと思いますが、中でもおすすめなのが、通販サイト「Wiggle」です。
特に、一番安く買いたい!という方には嬉しいサイトです。

wiggleは、「商品価格保証」を行っているので、とても安心!
最近、家電量販店などでも、よく商品価格保証を行っていますよね。

まず、Wiggle自身が、他の主なお店の価格をリサーチし、一番お得な価格で販売できるように努力しています。

もちろん、お客様の方が、他のお店でもっと安い商品を見つけた場合、その他社の値段まで下げてくれます。
大手の通販サイトはもちろん、小規模のサイトもできるだけ多くを対象にしています。

でも、買ってしまった後から、他のサイトの方が安いことに気が付いた、ということがありますよね。
その場合も大丈夫。
もし他の主要サイトの方が安いことが分かった場合、商品購入後7日以内であれば、返金してもらえますよ。
それならなおさら安心して購入できますね。

また、お得なメンバー割引があり、過去一年間に一定額以上の購入をした方は定価から一定の割引がされます。
(ゴールドメンバーは5%オフ、プラチナメンバーは12%オフ)。
お友達紹介で「dhb Mono ハーフフレームサングラス」がタダでゲットできたり、割引ポイント(バウチャー)がプレゼントされる、という制度もあり、見逃せませんね。

商品に関する購入者のレビューも掲載されているので、
購入時に迷っている方、じっくり考えてから選びたい方には良い参考になりますね。
ロードバイク本体だけではなく、ヘルメットなどの小物類に関してもレビューが寄せられているので、
参考にすれば、納得のいくお買い物ができそうですね。

ただ、商品はイギリスから送られてきますし、
ロードバイクは大きな商品なので、送料がとても心配、という方も少なくないでしょう。
でも、Wiggleの場合、7498円以上の購入なら、送料が無料になるので心配無用です!

ぜひWiggleで、運命の一台に出会い、賢くお得に購入してくださいね♪

クーポンNETでWiggleの限定バウチャークーポン!
Wiggleクーポン

ロードバイク購入時に必要なもの

ロードバイクを購入して、通勤や通学、週末の運動などで使おう!と思い立ったら、自転車屋へ行って、好きなブランドのものを買ったり、自分に合うものをじっくりと選んだりしますよね。
でも、納車前に、本体以外にもいろいろなアイテムをそろえることが必要です。
では、その必要なものとはいったい何なのか、いったいどれくらいの予算が必要なのか、気になりますよね。

まず、必要だなと誰でも思い当たるのが、「ヘルメット」。
かっこいいヘルメットをかぶってロードバイクをこいでいる人をよく見かけますよね。
日本の法令では、自転車に乗る際にかぶることを義務づけられてはいませんが、万が一転んだ場合を考えると、やはりあった方が安心です。
すごく高い商品もありますが、だいたい1万円台くらいのものなら十分安心して使えるでしょう。

また、ロードバイクを買う際は、ペダルが付いていないことがあるので、もし付いていなかった場合は、購入が必要です。
フラットペダルなら、2500円くらいで購入可能です。
警報機(ベル)も、公道でロードバイクに乗るなら要るので、ちょっと見た目が気に食わないとしても必ず付けてくださいね。
1000円弱で付けられるでしょう。

そして、夜間の自転車の走行は思った以上に危険なので、ライトは必須。1000円から2000円くらいで買えます。
反射板、尾灯も付けましょう。これも、2000円くらいで買えます。
追突を避けるためにも、できるだけ相手から目立つものを付けるようにしましょう。

それから、パンク時に修理するためのキットとして、
空気入れ(3000円くらい)やチューブ、(1600円くらい)、工具(3000円くらい)も用意するといいですね。

盗難防止用の鍵もやはり必要です。ロードバイクは盗難されると転売されてしまい、
届け出をしても見つからない可能性が高いそうですよ。
2000円くらいで買えるので、納車までに必ず手に入れてください。

これら必須の物を合わせると、3万円弱ほどあれば、十分にそろえられそうですね。

また、あった方がいいものとしては、自転車用のグローブ。ケガ防止や手への負担を考えるとあった方がいいですね。
運転中に目にゴミや虫が入ってビックリすることもけっこうあるので、メガネなどアイウェアもあった方がいいです。
他にもいろいろありますが、必ずいるもの以外は、ロードバイクに実際に乗ってみながら、少しずつ揃えてもいいですね。